佐藤工夢店

TEL.0191-75-4414

ブログ

注文住宅の断熱性能についてリフォーム業者が徹底解説します!

2021年4月22日

近年、注文住宅は多くの注目を集めています。
注文住宅の利点は自分たちの理想をそのまま反映できるところでしょう。
そんな注文住宅で便利な性能は、高気密高断熱です。

今回は、注文住宅の断熱性能について紹介します。
一関市で注文住宅にお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

□断熱性と気密性について知っておこう!

断熱性と気密性のある家についてご存じでしょうか。
断熱性や気密性は、注文住宅において非常に大切な役割を果たしてくれます。
そこでここでは、断熱性と気密性について紹介します。

*断熱性

断熱とは、断熱性能を持つ材質を使い、家の中の熱を外に伝わりにくくすることです。
夏の暑い空気や冬の寒い空気は、窓や壁を通して家の中に伝わってきます。
しかし、熱を断つという文字の通りに熱が遮断されるので、外が寒い場合には家の中は暖かく、外が暑い場合には家の中は涼しい状態になります。

*気密性

気密性とは家の小さな隙間がどれだけ少ないかということを表しています。
どんなに腕の良い大工が建てたとしても窓や壁、天井などに小さな隙間が空いてしまいます。
目に見えなくてもその小さい隙間から空気は出入りしてしまいますが、気密性が高ければ高いほど外気の影響を受けにくく家の中で快適に過ごせます。

□断熱性が高い家に住むメリットとは?

ここまでは、気密性と断熱性について紹介しました。
2つの言葉の意味について理解は深まったと思います。
ここでは、そんな断熱性が高い家に住むということのメリットについて紹介します。

1つ目は、体感温度が高くなり体の冷えを防げることです。
上記でも述べたように高断熱な家は外気の影響を受けにくく、さらに家の中で流れる冷暖房の空気を外に逃がしません。
夏は涼しく、冬は暖かいというように1年中快適に過ごせます。
そのため、体感温度が高まり体の冷えを防いでくれるのです。

2つ目は、年間のランニングコストを抑えられることです。
高断熱の家では効率よく冷暖房を利用できます。
何度も冷暖房を付けなくても快適な温度を保てるため、光熱費を抑えられるのです。
使用量に気を付けなくても良いため、結果的に節約できるでしょう。

□まとめ

今回は注文住宅の断熱性能について紹介しました。
断熱性能が優れている家は過ごしやすい上に環境にも優しいということがご理解いただけたのではないでしょうか。
たくさんの魅力がある高断熱高気密の家をご検討していただけると幸いです。
お悩みの方はぜひ一度当社にご相談ください。

注文住宅を検討中の方必見!防犯について解説します!

2021年4月19日

陸前高田市で注文住宅を検討中の方はいらっしゃいませんか。
注文住宅は時間やお金をかけて建てるため、思いがつまった住宅です。
そんな思いがつまった住宅が、泥棒に狙われるなんて嫌ですよね。
そこで今回は、注文住宅の防犯について紹介していきます。
注文住宅をお考えの方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

□泥棒に狙われやすい家とは?

泥棒に狙われやすい家とはどんな家でしょうか。
まずは、被害にあわないように、泥棒に狙われやすい家の特徴について確認していきましょう。

*外から見えにくい家

泥棒は、容易に隠れられる高い塀や庭の植え込みを好みます。
外から中が見えにくい家は、泥棒のターゲットとなりやすいでしょう。

*留守にしがちな家

まとまった期間で、家を留守にしていませんか。
家を空けている期間が長いと、それだけ泥棒に狙われる可能性が高まります。
留守の間に郵便物が家に届かないようにするなどの工夫をしましょう。

*死角になる場所が多い家

泥棒は音や光を嫌い、暗がりを好みます。
死角が多いと、それだけばれずに泥棒の侵入を許してしまいます。
日中は日が当たって死角ではない場所も、夜には見えにくくなる場所があるため注意しましょう。

□防犯対策を知っておこう!

ここまでは、泥棒に狙われやすい家の特徴について紹介してきました。
防犯を心掛けることで、泥棒の侵入を防げます。
ここからは、注文住宅の防犯対策について紹介していきます。

1つ目は、窓辺に物を置くことです。
簡単にできる対策として、窓辺に物を置くことがあります。
物を置くことで、窓から泥棒が入ろうとすると物が倒れて音がします。
泥棒は音を嫌うため、花瓶などのガラスのものを置くことをおすすめします。

2つ目は、防犯性の高いグッズを使用することです。
防犯性の高いグッズとしては、シャッターが挙げられます。
泥棒はばれずに素早く侵入できる家を好みます。
シャッターを窓に設置することで、侵入までかなりの時間を要してしまいます。

また、あるデータによると5分以上の時間が侵入にかかる家は狙われにくいという結果が出ています。
そのため、破壊活動をしても5分以上壊れないことが実験で立証された、CP製品の導入をおすすめします。

□まとめ

今回は注文住宅の防犯について紹介しました。
大切な家を守るために、防犯は非常に大切です。
注文住宅を建てる前に、今回お記事を参考にしていただけると幸いです。
また、注文住宅でのご不明点がある方はお気軽に当社までお問い合わせください。

注文住宅でかかる期間とは?丁寧に解説します!

2021年4月15日

陸前高田市で注文住宅の購入をお考えの方はいらっしゃいませんか。
「どのくらいの期間で建てられるのか」「完成までに時間がかかりそう」
このようにお悩みの方は多いと思います。
今回は注文住宅を建てるのにかかる期間と、押えておくべきポイントについて紹介します。
注文住宅をお考えの方はぜひ参考にしてみてください。

□注文住宅を建てるのにかかる期間とは?

注文住宅の購入を考えているけど、家が完成するまでどのくらいの期間がかかるのか分からない方は多いでしょう。
家を建てるにあたって、かかる期間について知っておくことは非常に大切です。

一般的に建築にかかる期間は、約1年ほどであると言われています。
注文住宅は、自身のこだわりや他と違ったデザインにできます。
そのため特注で資材が必要になったり、デザイン性が高くなったりすることから、最低でも8カ月はかかると思っておきましょう。
また家の規模や頼む業者によっても、期間は異なってくるのであらかじめ確認しましょう。

□押えておくべきポイントについて知っておこう!

家を建てるにあたって、できるだけスムーズに進めたいですよね。
そこでここでは、スムーズに家を建てるために押さえておくべきポイントについて紹介します。

1つ目は、イメージをしっかりと固めることです。
理想の家のイメージは固まっているでしょうか。
スムーズに家を建てるには、希望する家のイメージはかかせません。
しっかりと決めておかないと、直前になって迷いが出て、完成までの期間が長くなってしまいます。

2つ目は、予算の上限を決めておくことです。
予算計画がしっかり行われていないと、予算を越してしまったときに資材や設備の変更が必要です。
資材や設備を変更すると、建築のスケジュールにまで影響してしまう場合があるので気を付けましょう。

3つ目は、土地を早めに探すことです。
土地がない人は早めに土地を探しましょう。
家の基盤となる土地は、時間をかけて購入することをおすすめします。
また、家が建った後の窓から見える景色は土地に大きく左右されるので、考慮する必要があります。

□まとめ

今回は注文住宅を建てるのにかかる期間と、押えておくべきポイントについて紹介しました。
期間やスムーズに家を建てるためのポイントについて理解は深まったでしょうか。
一生に一度の大きな買い物で後悔をしないためにも、注文住宅の知識を頭に入れておきましょう。
注文住宅をお考えの方はお気軽に当社までお問い合わせください。

上に戻る