佐藤工夢店

TEL.0191-75-4414

ブログ

注文住宅の購入をお考えの方へ!断熱性について紹介します

2021年1月22日

注文住宅をお考えの方の中で「断熱性と気密性について詳しく知りたい」という方はいらっしゃいませんか。
断熱性や気密性が高い住宅にはメリットもたくさんあり、ぜひ取り入れていただきたい性能です。
今回は、断熱性や気密性について詳しく見ていきましょう。

□注文住宅における断熱性と気密性について

断熱性や気密性を上げるためには、すき間を減らすことも大切です。
その理由は、住宅の気密性はすき間がどれほど少ないかを示しているからです。

気密性は、住宅内の熱の流れや換気などにも影響を与えます。
しかし、気密性は断熱気密工事が完了してからでないと測定できません。
そのため、プランを考えるときから専門的な知識をしっかりと聞いておきましょう。

また、断熱性と気密性をあげることは結露の予防にもつながります。
なぜなら、結露は室内の暖かい空気と外部の冷たい空気が窓にぶつかることで起こるためです。
結露が起こる場所は、断熱性の低い内壁や、窓の表面であることが多いでしょう。

そのため、結露を防止したい場合は、壁や窓の断熱性能をあげてみましょう。
断熱性気密性を上げることで、結露を予防できます。

□断熱性と気密性を高めた家のメリットとは?

断熱性と気密性を高めた家のメリットについて見ていきましょう。

まず、高気密だと室内に空気が留まるため、温度を一定に保てます。
そのため、冷暖房の使用を減らせ、電気代を安く抑えられることが大きな特徴です。

また、廊下や洗面所などでも外の寒さが入りにくいことで、暖かいリビングとの温度差があまりありません。
それによって、暖かい場所から寒い場所へ移動したときなどに心筋梗塞や脳梗塞が起こるヒートショック現象を予防できます。
これは、高齢者や生活習慣病などの持病がある方に起こりやすいです。
そのため、家族の中に該当する方がいらっしゃる場合は、住宅の断熱気密性を高めておくと良いでしょう。

また、遮音性が高いことも特徴の1つです。
交通量が多い道路の近くに住んでいる場合や、お子さんがいらっしゃる場合などは騒音が気になってしまうかもしれません。
せっかく建てたマイホームで、騒音を気にして生活するのは嫌ではないでしょうか。
気密性を上げておくことで、外部の音もかなりシャットアウトでき、静かな環境を得られるでしょう。

□まとめ

今回は、注文住宅の断熱性、気密性についてご紹介いたしました。
断熱性や気密性を上げることで、省エネや快適な住環境を得られます。
注文住宅にご興味のある方は、参考にしてみてください。
陸前高田市で注文住宅をお考えの方はぜひ当社にご相談ください。

ブログを始めます。

2021年1月12日

はじめまして。佐藤工夢店株式会社の佐藤です。
ブログを開設しました。暮らしに関するお役立ち情報、現在の進捗状況、雑記まで書いていきたいと思います。
よろしくお願い致します。

上に戻る