佐藤工夢店

TEL.0191-75-4414

ブログ

注文住宅をご検討の方へ!輻射冷暖房のメリットとデメリットとは?

2021年6月19日

輻射冷暖房という言葉を聞いたことがあるでしょうか。
これは、輻射という熱の伝わり方を利用して、お部屋を暖かくできるものです。
しかし、輻射がどのような現象であるか、詳しく知っている人は少ないですよね。
そこで今回は、輻射熱の特徴と具体例、輻射冷暖房のメリットとデメリットについてご紹介します。

□輻射熱の特徴と具体例

輻射とは、熱の伝わり方の1つで、熱を持った物質が赤外線を出す現象のことを指します。
他にも、熱の伝わり方には暖かい液体や気体が冷たい方に流れる「対流」と温度の高い物質から低い方に熱が伝わる「伝導」の2種類があります。

輻射を利用した暖房器具の代表例は、日本の冬の必需品である「こたつ」です。
こたつが暖かいのは、テーブルの下に設置された電熱線からの輻射熱による影響です。

他にも、床暖房やストーブなどの暖房器具も、輻射を利用してお部屋全体を暖めます。
じんわりとした暖かさが持続するという特徴があるので、真冬であっても住まいの中は陽だまりのような優しい暖かさに包まれているような空間に仕上がるでしょう。

□輻射冷暖房のメリットとデメリット

ここでは、輻射を利用した冷暖房のメリットとデメリットについてご説明します。

*輻射冷暖房のメリット

輻射冷暖房のメリットは、直接風に当たることなく、お部屋全体を暖められることです。
輻射冷暖房は、エアコンによる冷暖房のように温風や冷風が出るのではなく、輻射熱を利用して、じんわりと室内を暖めたり冷やしたりするのが特徴です。

そのため、風が当たることによる不快感を感じません。
また、輻射冷暖房を停止させたとしても、なかなか室温が戻らないという特徴もあるので、電気代を抑えつつ、省エネ効果が期待できるでしょう。

*輻射冷暖房のデメリット

輻射冷暖房のデメリットは、お部屋全体に効果が出るまで時間がかかることです。
輻射冷暖房は、壁や床に熱を行き渡らせる関係上、その分効果が出るまで時間がかかります。

そのため、つけたり消したりする運転方法よりも、断熱気密性能のしっかりした住まいなら連続運転させる方が快適で省エネになります。
また、お部屋全体に十分な効果が出るようにするためには、住宅に合わせた設計が必要なので、設置を検討するなら設計段階で意識しておきましょう。

□まとめ

今回は、輻射熱の特徴と具体例、輻射冷暖房のメリットとデメリットについてご紹介しました。
一関市にお住まいで注文住宅の暖房設備についてお悩みの方は、ぜひ輻射冷暖房の設置を検討してみてはいかがでしょうか。
何か質問や疑問点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

古民家をリノベーションする際に押さえておきたいデメリットとは?

2021年6月15日

一般的に古民家は、築50年以上のものを指し、経年変化が付きものです。
そのため、古民家をリノベーションする際には、いくつかの注意点が存在します。
そこで今回は、古民家に住む際に押さえておきたいデメリットとその対策方法についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□古民家に住むなら押さえておきたいデメリット

1つ目のデメリットは、台所やトイレなどの水回りが古いことです。
築50年を超える古民家は、水回りが当時のままであることが多く、現代人には使い勝手が悪く感じます。

たとえば、トイレは座るタイプの洋式ではなく、かがみ込むタイプの和式が採用されていることが多いです。
また、水洗式でない可能性もあります。
そのように使いづらく感じる箇所を、リノベーションして新しくすることを検討しましょう。

2つ目のデメリットは、セキュリティ面が万全でないことです。
昔ながらの古民家は、現代のようなしっかりした鍵が設置されていない場合が多く、セキュリティ面が非常に貧弱です。

マンションであれば、オートロックや二重ロックがありますし、戸建て住宅でも、セキュリティ対策が施されており、安全な住宅の方が多数派です。
開放感が古民家の魅力ですが、このようなデメリットもあることを押さえておきましょう。

□古民家リノベーションのデメリット対策方法

1つ目の対策は、事前調査を入念に実施することです。
構造的には非常に強い古民家ですが、経年劣化による耐久性の低下は避けられません。

古民家は木材がふんだんに使用されているので、シロアリ被害を受けている可能性があります。
目に見える部分だけでなく、床下や屋根裏など、過去にハネアリが飛んだ形跡があるかどうかも、しっかり確認してからリノベーションを実施するようにしましょう。

2つ目の対策は、リノベーションを部分的に施工することです。
古民家リノベーションは、劣化具合や断熱性能によって、普通のリノベーション以上に費用がかかることは、珍しくありません。

古民家をまるごとリノベーションすると、高額になることが予想されますが、新しくしたい箇所だけ部分的に行えば、費用を抑えられます。
昔ながらの雰囲気を残しながら、室内の機能性を高めた理想の古民家に仕上げられるでしょう。

□まとめ

今回は、古民家に住む際に押さえておきたいデメリットとその対策方法についてご紹介しました。
古民家のデメリットとしては、水回りの古さやセキュリティ面の甘さが挙げられました。
一関市にお住まいで古民家リノベーションをお考えの方は、これらの情報を参考に古民家を快適な住まいにできるよう工夫してみてはいかがでしょうか。

注文住宅をご検討中の方へ!無垢材を使用するメリットについて解説します!

2021年6月11日

注文住宅に無垢材を使用したいとお考えの方はいらっしゃいませんか。
無垢材には、自然素材ならではの魅力やメリットがあります。
一方で、使用する際の注意点があるのも事実です。

そこで今回は、無垢材を使用した住宅のメリットと注意点についてご紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

□無垢材を使用した注文住宅のメリット

1つ目のメリットは、温度と湿度調節ができる点です。
無垢材は、自然素材ならではの特性をそのまま備えており、断熱気密性能がちゃんとした住まいなら住宅全体を快適な温度や湿度に調節してくれます。

特に、日本には四季が存在するので、季節によって気候の変化が激しいです。
そのため、高温多湿な夏には涼しく、寒く乾燥している冬には暖かく感じさせるこの機能が、とても重宝するでしょう。

2つ目のメリットは、体と心に優しい住宅に仕上がる点です。
丸太からそのまま切り出した無垢材は、有害な物質を含む接着材などを使用していないため、身体的にも精神的にも優しい住宅になります。

シックハウス症候群や、カビやダニの発生も抑えてくれるので、喘息やアレルギー持ちの方でも、安心して生活できます。
また、肌触りが良く、やわらかさも兼ね備えているため、足腰にかかる負担の軽減も期待できるでしょう。

□無垢材を使用する際の注意点とは?

無垢材には、様々なメリットが存在しますが、使用する際に気を付けることがあります。
ここでは、無垢材を使用する際の注意点についてご紹介します。

1つ目の注意点は、水分に弱いことです。
無垢材は、湿気を吸収し湿度を一定に維持してくれますが、その分水分を吸収しやすいという性質を持っています。

たとえば、醤油をこぼして長時間放置すると、シミが残ってしまう可能性があるので、早急に対処する必要があります。
そのため、脱衣所などのが頻繁に濡れる水回りでは、無垢材を使用するのは控えた方が良いでしょう。

2つ目の注意点は、傷やへこみができやすい点です。
無垢材は、加工されていない自然素材ですので、傷やへこみができてしまいがちです。

しかし、アイロンを使ってへこみは直せますし、たとえ傷がついたとしてもそれらは時間が経過すると馴染んでいき、気にならなくなります。
素材によっても特徴や性質が異なるので、それらを見極めながら、使用する無垢材を決定するようにしましょう。

□まとめ

今回は、無垢材を使用した住宅のメリットとその際の注意点についてご紹介しました。
無垢材を使用した住宅は、身体的にも精神的にも優しい空間を実現できます。
気仙沼市にお住まいで無垢材を使用した注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社までお問い合わせください。

上に戻る