佐藤工夢店

TEL.0191-75-4414

ブログ

賃貸と持家の割合ってどのくらい?それぞれのメリットとデメリットもご紹介します!

2021年11月29日

「持ち家が欲しいけれど、お金がかかるからなかなか決断できない」
このようにお悩みの方は多いと思います。
家は人生において大きな買い物だからこそ、検討することが多くて困りますよね。

そこで今回は、賃貸と持ち家の割合と、それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。
ぜひお役立てください。

□賃貸住宅と持ち家の比率とは

総務省が2018年に行った調査結果によると、全国で賃貸住宅の人は35.6%、持ち家は61.2%となっています。
持ち家の比率は、1983年から1993年にかけては62.4%から59.8%まで落ち込んでいました。
ただし、その期間以外は60%前後で推移しています。

ここで、賃貸住宅と持ち家の比率の合計が100%に満たないことを不思議に思う方もいるでしょう。
これは、住んでいる家が給与の一部として支給されていたり、社宅に住んでいたりするケースがあるためです。

持ち家の比率は全体で見ると60%前後で推移していますが、年代ごとに分けてみると大きな変化があります。
1988年の調査では、持ち家の比率は30代が約50%、40代が約70%、50代が約80%となっていました。

しかし、2018年の調査では、30代から50代の持ち家比率は約10%減少しました。
一方で、60歳以上の持ち家率の変化は小さく、およそ80%前後で推移しています。
このことから、全体で見るとそれほど変動はなくても、年代別に見ると人々の暮らしのスタイルが変化していることがわかりますね。

また、持ち家の比率は30代の伸びが顕著です。
2018年の調査では、20代前半は5%以下、20代後半で10%程度ですが、30代では40%まで増加しています。
つまり、30代の持ち家率は20代の3倍以上ということですね。

30代は結婚や出産などのライフイベントを経験する方が多く、家族構成が明確になりやすい時期です。
また収入も安定してくるため、長期ローンを組む時にも計画を立てやすいタイミングです。
このように、30代は将来設計を立てやすい時期であるため、持ち家購入に踏み切りやすく、ちょうど良い時期といえるでしょう。

□賃貸住宅と持ち家のそれぞれのメリットとデメリットをご紹介!

まず、賃貸住宅のメリットはライフスタイルなどの変化に柔軟に対応できることです。
結婚や出産などライフステージが変化すると家が手狭になることもありますよね。
そういった時に、賃貸住宅の場合はその時の状況に応じて住み替えなどの選択を取れます。
引っ越しなどにかかる費用は発生するものの、比較的気軽に住み替え可能な点はメリットといえるでしょう。

また、住宅設備や建物のメンテナンスにかかる費用は、賃貸住宅の場合大家さんが負担してくれます。
過失がなければ、給湯器やエアコンが故障した時の代金、古くなった建物の外観を綺麗にするための費用を負担する必要がありません。
また、固定資産税を課されることもありませんので、金銭的な負担を抑えられます。
さらに、そういった修理や納税にかかる手続きも必要ないため、それにかかる手間を省けることも魅力的ですよね。

しかし一方で、賃貸住宅は少人数世帯向けであることが多く、ファミリー向けの物件を探すのが難しいというデメリットがあります。
特に、都市部ではこの傾向がより顕著に現れます。

また、賃貸住宅の場合、長期間家賃を払い続けても将来的にその建物が自分の資産になることはありません。
加えて、賃貸住宅は一般的に自由にリフォームできません。
一部の物件では、ある程度までは好みに合わせてリフォームできますが、大規模な改修や設備変更はできない場合がほとんどです。

次に、持ち家のメリットとデメリットをご紹介します。
持ち家の場合、将来その建物が自分の資産になることが最大のメリットです。
住宅ローンを返済し終われば、必要な費用は修繕費や固定資産税だけになります。
そのため、年をとって年金生活になったとしても、住むところには困らない方が多いです。

また、持ち家は要らなくなったら売却したり、家族に相続したりすることも可能なので、そういった柔軟性があることも魅力的ですよね。
持ち家の購入を決断できない方の中には、万が一病気や怪我で働けなくなった時や死亡してしまった時に家族に負担をかけるのではないかと心配している方もいます。
住宅の購入費用は高額ですので、万が一のリスクを考えてしまいますよね。

しかし多くの場合、住宅ローンの借り入れ時には団体信用生命保険への加入が条件となっています。
この保険に加入していると、万が一死亡して住宅ローンを返済できなくなった場合には、その時点での住宅ローンの残額分の支払いを免除されます。

さらに、この生命保険の保険料は大抵借り入れの金利に含まれるため、追加で負担しなくて済みます。
このように、将来何か大きなアクシデントが発生してしまっても、住むところを失うリスクが少ないことも特徴の一つです。
また、リフォームも自由に行えるため、必要に応じて何度も理想の住まいを実現できます。

ただし、なかなか気軽に住居を変えられないことは、転勤が多い仕事の方などにとってはデメリットになるでしょう。
持ち家購入後に転勤が決まった方の中には、単身赴任をしたり住宅を売却したりする方がいますが、どちらの方法を選んでも費用や手間が発生しますよね。
そういった点も踏まえたうえで、どちらにするのか決めましょう。

□まとめ

今回は、賃貸住宅と持ち家の割合と、それぞれのメリットとデメリットをご紹介しました。
賃貸住宅にするか持ち家にしようか悩んでいる方は、本記事を参考にしていただけると嬉しいです。
また、当社は家づくりに携わっていますので、一関市、奥州市、陸前高田市、気仙沼市周辺で住宅購入を検討中の方はご連絡ください。

上に戻る