佐藤工夢店

TEL.0191-75-4414

ブログ

古民家のリノベーションを検討中の方へ断熱について解説します!

2021年9月7日

古民家リノベーションをする際、とても重要なのが断熱です。
正しく断熱リフォームすることで、一年中快適な空間で生活できます。
この記事では、断熱リフォームする際のポイントについて詳しく解説します。
陸前高田市で古民家リノベーションをお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

□断熱リフォームする際の優先順位とは?

まずは、断熱リフォームする際の部位別優先順位について解説します。
古民家を再生する際、真っ先に手をつけるべき場所が「窓」です。
窓は冷たい空気が最も入ってきやすい場所なので、しっかり対策する必要があります。
また窓周りは隙間が多いため、窓を改修工事する際にその隙間をなくす工事も行いましょう。

窓の次は、床の断熱を行いましょう。
床断熱の方法はいくつかあるので、工務店に相談して最適な方法を教えてもらうことが大切です。
その後は、天井の断熱工事を行いますが、気密シートを貼り付けて屋内の熱気が逃げないようにしてもらいましょう。
一番最後に壁の断熱工事を行い、住宅全体の断熱リフォームが完了します。

□断熱リフォームの注意点をご紹介!

断熱リフォームを行う際の優先順位についてご理解いただけたでしょうか。
次は、断熱リフォームを成功させるための注意点を紹介します。
これから古民家をリノベーションする方は、ぜひ参考にしてください。

1つ目は、換気をしっかりと計画することです。
室内にある空気を外に逃すための換気設備を設けないと、いつの間にか家の中に汚れた空気や湿気がたまってしまいます。
しかし、正しい方法で換気計画を行わなければ、せっかくの断熱効果が低下してしまいます。
工務店と十分な話し合いをすることで、しっかりと計画換気を行えるでしょう。

2つ目は、丁寧な施工をしなければ効果は発揮されないということです。
断熱材が剥がれてきたり、大きな隙間があったりすると、せっかく断熱リフォームをしても意味がありません。
丁寧に対応してくれる工務店を選ぶことも大切ですが、住まいを快適にするために主体的に断熱や気密を提案してくれる工務店を選ぶことも成功させるためのポイントの一つです。
少しでも不明点がある場合は、遠慮せずに尋ねるようにしましょう。

□まとめ

この記事では、断熱リフォームの注意点を紹介しました。
断熱と一口に言っても省エネ基準からHEAT20 G1、HEAT20 G2、HEAT20 G3グレードと幅があります。
古民家のリノベーションに関して不明な点があるという方は、一度当社までご相談ください。
スタッフ一同、全力でサポートいたします。

注文住宅をお考えの方に向けて予算の決め方を紹介します!

2021年9月3日

「注文住宅を購入したいけれど、どのように予算を立てれば良いのか分からない。」
このような悩みをお持ちの方は多いのではないでしょうか。
予期せぬお金のトラブルに巻き込まれないためには、しっかりと予算を決めることが大切です。
そこで今回は、予算の決め方について詳しく解説します。

□マイホームを購入する際の予算の決め方をご紹介!

マイホームの費用を考える際は、これから紹介する手順で予算を立てることをおすすめします。
まず、年収や貯蓄額から総予算を決めましょう。
例えば、土地探しにおいて、自分たちがかけられる全体の予算を把握しておかないと、条件にあった土地が見つかっても即決できません。
そのためにも、まずは総予算を決めることが大切です。

次に、土地と建物のそれぞれにかける予算の配分を決めます。
それぞれの予算配分を決めておくことで、土地購入や家づくりをスムーズに進められます。
予算の配分を決める際は、建築費や土地取得費の相場を調べ、それを参考にして考えましょう。

最後に、諸費用として必要なお金を確保します。
諸費用は、建築契約に必要な各種手数料や引越し費用のことを指し、一般的に物件価格の1割程度となります。
現金で準備する場合があるため、前もっていくら必要なのかを把握しておきましょう。

□予算がオーバーした際の対処方法とは

ここからは、購入予算がオーバーしてしまった場合の対処方法を紹介します。
1つ目は、廊下の不要な部分をカットすることです。
間取りを削る場合はリビングや和室、子供部屋に注目しがちですが、最も不要な部分は廊下です。
廊下の不要な箇所を削って、建築費用を抑えましょう。

2つ目は、構造や仕上げ材を見直すことです。
一般的に和室は洋室に比べて構造が複雑なので、その分コストが高くなります。
そのため、和室をなくす、またはリビング内に畳スペースを設けて、上手にコストを削減しましょう。
また、壁や天井に用いる仕上げ材のグレードを下げて、費用を減らすことも可能です。

3つ目は、優先順位の低い設備を付けないことです。
明確に使うものであれば良いですが、なんとなくで付ける食洗器のような設備があるのであれば、それらは後回しにすることで予算を削減できます。
予算がオーバーした場合は、今回紹介した対処方法を活用してください。

□まとめ

この記事では、予算の決め方を紹介しました。
これから注文住宅を建てる方は、ぜひ今回紹介したポイントを参考にして、予算を考えてみてください。
当社は、オーダーメイドで高品質の住宅を提供しています。
気仙沼市で注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社にご連絡ください。

高気密高断熱住宅には魅力がたくさん?注文住宅を建てる時の参考に!

2021年8月30日

注文住宅をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、高気密高断熱住宅です。
四季に関係なく、常に快適な空間で生活できたら最高ですよね。
そこで今回は、一年中快適に暮らせる高気密高断熱住宅について詳しく解説します。
一関市で注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

□高気密高断熱住宅ってどんな家?

高気密住宅とは隙間を少なくした家のことを指し、高断熱住宅とは断熱性能を高めた家のことを指します。
そして、高気密高断熱住宅とはこれらを上手く組み合わせた住宅のことで、気密性が高く、家全体が密閉されたような空間になります。
そのため、冷暖房効率が高まり、光熱費が抑えられます。

では、高気密高断熱住宅には具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。
まずは、一年を通じて快適に過ごせることです。
外気の影響を受けにくく、冷暖房効率も高まるため、夏は涼しく冬は暖かく過ごせます。
一年中快適な環境で生活できることが最大のメリットです。

また、ヒートショックのリスクを回避できるというメリットもあります。
ヒートショックとは、急激な温度変化によって血圧が上下し、心臓や血管の疾患が起こることです。
この住宅では部屋ごとの温度差を小さくできるため、危険なヒートショックを防げます。
この他にも、洗濯物が乾きやすい、結露が起きにくいなどの魅力があるので、ぜひ覚えておいてください。

□高気密高断熱住宅を建てる際のポイントとは?

ここからは、建てる際に気をつけるべきポイントを紹介します。
1つ目は、暖房器具によっては乾燥しやすいということです。
気流が発生するタイプの暖房器具は、家全体を効率的に暖められる一方で、乾燥しやすくなってしまいます。
そのため、乾燥しにくいパネルヒーターや薪ストーブなどの輻射暖房を取り入れたり、加湿器を使用したりして、乾燥対策を行うようにしましょう。
全熱の熱交換換気を設置する方法も効果があります。

2つ目は、隙間があると結露ができる場合があるということです。
柱と断熱材の間に小さな隙間ができると、温度差によって結露ができてしまうことがあります。
しかし、当社では気密性と断熱性を向上させることで、壁内の内部結露を防ぎます。
ご家族が健康に長生きできる住まいにしたい方は、ぜひ当社にご相談ください。

□まとめ

今回は、高気密高断熱住宅について詳しく解説しました。
住宅の性能やメリットに加え、建てる際のポイントについてもご理解いただけたでしょうか。
当社では、お客様の快適な生活をサポートする高性能の住まいを提供しています。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社にお任せください。

上に戻る