佐藤工夢店

TEL.0191-75-4414

ブログ

注文住宅のメリットとは?建てる際のポイントについても解説します!

2022年11月22日

注文住宅は自由度が高く、多くのメリットがあります。
今回は注文住宅をお考えの方に向けて、注文住宅のメリットや建てる際のポイントを紹介します。
注文住宅がどのようなものなのかを理解し、理想の住宅を手に入れるヒントにしてください。

□注文住宅とは

土地を購入してから、または持っている土地に、自由に設計して建てる一戸建て住宅のことを「注文住宅」といいます。
簡単に説明すると、字のごとく注文して建てる住居のことです。
既に建ててある家を購入する「建売住宅」とは違い、自分たちのライフスタイルや希望を反映させて家づくりができます。
設計は不動産会社やハウスメーカー、建築士に依頼し、建築は施工会社に依頼するのが一般的です。

注文住宅のメリットは何といっても、自身の理想どおりのマイホームを手に入れられる点です。
まずは土地から探すことになるため、自身の要望に合わせて住宅の広さや部屋の間取りを決められます。
家に対するこだわりが強く、思い通りの家をつくりたいという方にオススメです。

もちろん、要望が多いとその分費用・時間はかかってしまいますが、それでも構わないという方は、家を「イチから」注文するのに向いていると言えます。
注文住宅のなかでも、「フルオーダー」という部類に入る家の建て方が良いでしょう。

一方で、「こだわり箇所はあるけれど、そうでない部分もある」「細かなところまで自分で決めるのは大変だし、時間は取れない」という場合は、こだわり部分以外は決められた枠のなかで選択していくやり方が適しています。
仕上がりにムラが少なく、コストはすべてをオーダーするときより抑えられます。
このような注文方法は「セミオーダー」と呼びます。

さらに、注文住宅なら、建築現場を自身の目でチェックできるので、進み具合や状態を常に把握できます。
設計の段階から関わる機会が多くなることから、住宅への愛着度も高くなるでしょう。

□注文住宅のメリットとは

*自由度が高い

注文住宅は、自分の描いた理想の家を隅から隅までつくれるところが魅力です。
外壁のデザイン、壁紙やドアのデザイン・素材などつくる段階で自分好みにできます。
建売住宅やマンションではできないことなので、外装や内装までしっかりとこだわりたい、好みのデザインにしたいという方にとっては最大のメリットと言えます。

*自分たち好みの間取り選択

注文住宅の場合、希望の間取りにできることもメリットです。
建売住宅やマンションだと間取りは既に決まっているので、それに合わせて生活していく必要があります。
しかし、注文住宅の場合は、カウンターキッチンが欲しい、洗面所やお風呂など水廻りを近くに集めたい、書斎が欲しい、子供部屋を2つにしたいなど、基本的に自分たちで自由に間取りを決められます。

*予算を調節できる

注文住宅は予算に応じた住宅を建てることが可能です。
こだわりを形にしたい人にとっては、最適の家づくりといえます。
逆に、こだわりの少ない部分についてはグレードを下げて、コストダウンをすることも可能です。
「どうしても希望は譲れない」というときには、こだわりの優先順位を決めておき、順位の高いものから実現していくようにすることがポイントです。

*家を建てる過程を確認できる

注文住宅の場合は契約してから家づくりがはじまるので、自分の家が建つ状況を実際に確認できるというメリットがあります。
自分の目で確かめることで、欠陥住宅や手抜き工事などへの不安も軽減できるでしょう。
また、自分の家をつくる職人さんとコミュニケーションをとることで、家への愛着も深まるでしょう。

□注文住宅を建てる際のポイントとは

1つ目は、なんでも実現可能とは限らないことです。
周辺の環境や景観との調和といった問題もありますし、何よりも自由すぎる要望は建築費の増大と工期の延長を招きます。

2つ目は、素材選びは大きめのサンプルで確認することです。
できるだけ大きい面積のサンプルで確認するようにしましょう。
小さなものだと若干色が違って見え、実際に使用してから「思っていた色と違った」というケースを招く可能性があります。
色や素材感を比較する時には、できるだけ面積の大きなものでチェックするという原則をぜひ覚えておくと良いでしょう。

3つ目は、個性的な間取りや空間は資産価値の低下の恐れがあることです。
注文住宅なのでこだわりはあっても良いですが、奇抜すぎると売却が難しくなることもあります。
流行を追いかけすぎるデザインは、時間が経つとマイナスポイントになりかねないので注意が必要です。

4つ目は、電源コンセントやLANケーブルの配置をイメージすることです。
デジタル周りの失敗は、住み始めてから後悔することが多いため、実際のイメージがとても大切です。
「掃除機を使う際に電源コンセントが足りない」といった不便さを感じないためにも、設計や提案時にはコンセント周りの配置にも目を配ってください。

□まとめ

注文住宅の魅力は理想の家づくりができることなので、素敵なマイホーム実現のためにも今回のポイントを考慮した上で検討ください。
当社では、毎日がもっと便利でもっと素敵になる家づくりを常に心がけています。
一関市、陸前高田市、気仙沼市、奥州市周辺で家づくりを始める方は、ぜひご相談ください。

長く住み続けるために!耐久性を高める家づくりについて解説します!

2022年11月15日

地震が頻繁に発生する日本だからこそ、家づくりをする際は「耐久性」に注目することが重要です。
安心して快適に暮らすためにも、長く住み続けられるような耐久性の高い家を目指しましょう。
そこで今回の記事では、耐久性の高い家づくりについて解説します。

□家の耐久性について

日本の家は、およそ30年で建て替えられることが多く、平均寿命は約30年と言われています。
アメリカは約100年、イギリスは約140年と、各国の家の平均寿命から見てわかるように、日本の家はやや短い傾向にあります。

家の寿命が約30年しかないということは、30歳で家を持った場合、通常住宅ローンが終わる前に再度建て替える必要があるということです。
そして、実際に定年時の退職金をリフォームや建て替えに使わなければ、住めない家が日本には多く存在します。
また、そのような家は今後も増えていくと予想されています。

□耐久性の高い家づくりのポイントについて

何十年も経てば、家を建て替えなければ住めなくなるケースもありますが、少しでも長く住み続けられるように、家の耐久性を上げる努力をすることが重要です。
耐久性の高い家づくりには、長く住み継いでいけることの他にも、資産価値を長期間維持できること、環境に優しくて経済的であることなど、様々なメリットがあります。
ここからは、耐久性の高い家づくりのポイントを3つご紹介します。

1つ目は、構造と間取りのプランニングをしっかりと行うことです。
家の耐久性を高めるためには、まず耐久性の高い構造・部材を採用する「構造の長寿命化」が重要です。
また、構造と併せて考えたいのが、ご家族が長年暮らしていくことを考慮して間取りを設計する「間取りの長寿命化」です。

プランニングでは、風向きや風量、雨量なども調査・計算を行う必要があります。
それらを考慮して、地域や敷地・環境に適した家を建てることも、長寿命化には必要な条件なので意識しましょう。

2つ目は、湿気対策をすることです。
家の耐久性を高めるためには、壁の中に湿気を発生させないことが重要です。
壁の中や床下の湿気は、雨水の侵入や結露、地面からの水蒸気などが原因で発生します。
発生した湿気は、壁の中の部材や配管・配線を腐食させたり、サビを発生させたりするので、家の寿命を縮める原因となります。

また、雨水の侵入も家の寿命を縮める1つの要因なので注意が必要です。
家で外壁が濡れた状態が続く場合、損傷が早まり耐久性が落ちてしまいます。
長寿命化の天敵である「湿気」に対しては、様々な技術によって対策がされています。
結露や地面から水蒸気への対策だけでなく、嵐や台風などに伴う暴風雨も想定した家づくりをしましょう。

3つ目は、定期的にメンテナンスをすることです。
定期的なメンテナンスや点検を行うことで、不具合が起きている箇所を早期に発見し、症状が軽い段階で修繕できます。

□家の耐久性を高めるメンテナンス方法について

耐久性を高めるためには、工法だけでなくメンテナンスの方法も非常に重要です。
専門家にメンテナンスしてもらう以外にも、日頃から意識して行うと良いこともあるので、ここからは家の耐久性を高めるメンテナンス方法をご紹介します。

*構造の劣化を防ぐメンテナンス

家の構造が劣化しないように、屋根裏や床下も含め、構造全体の通気を行うようにしましょう。
また、シロアリ対策や防腐対策も構造の劣化を防ぐので、家を良い状態で維持できるような工夫をすると良いでしょう。

*設備のメンテナンス

様々ある設備の中でも、特に給配水管は劣化しやすい傾向にあるので、点検や修繕、交換がしやすいように、設計段階での工夫が重要です。
配管は基礎の上に出すといったように、設計では「メンテナンスのしやすさ」も踏まえながら家を管理することをおすすめします。

*屋根と外壁のメンテナンス

窯業系サイディングの場合は家を建てた後は、10〜20年のサイクルで屋根・外壁のメンテナンスを考えておきましょう。
屋根や外壁が劣化していると、隙間から雨水が入り込み、大事な家の構造にまでも影響を及ぼす可能性があるからです。

また、雨樋は築20年を目安として交換すると良く、外壁の張替えに関しては、築30年を目安にメンテナンスすると良いでしょう。
屋根や外壁のメンテナンスを怠ると、建物内部の構造が劣化し、さらに高額な費用が発生してしまいます。
そのため、家を建てた後はメンテナンス費用を積み立てし、ある程度残しておくことをおすすめします。

*通気・換気によるメンテナンス

通気や換気をすることは、家の寿命を縮める原因となるシロアリの発生を防ぐだけでなく、カビ対策としても有効的です。
床下部分は、空気が抜けるような構造にして、湿気がこもらないように意識すると良いでしょう。
また、シロアリ対策としては、基礎部分に腐食・防蟻処理を施すことをおすすめします。

□まとめ

今回は、耐久性を高める家づくりについて解説しました。
当社では、年間10棟限定のオーダーメイドの家づくりで、単純な住宅性能だけでなく、お客様の日々の暮らしを豊かにするような家づくりを心がけています。
一関市、陸前高田市、気仙沼市、奥州市周辺で家づくりを始める方は、ぜひお気軽にご相談ください。

快適な生活を送るために!過ごしやすい家の特徴をご紹介!

2022年11月7日

人によってライフスタイルは異なるので、過ごしやすい家もその人によって変わってきます。
せっかくこれから家を建てるのであれば、長い間過ごしやすいと感じる家づくりがしたいものです。
そこで今回の記事では、過ごしやすい家の特徴をご紹介します。

□過ごしやすい家の特徴とは

過ごしやすい家の特徴としては、「生活動線」「間取り」「断熱性能」の3つが挙げられます。

*生活動線

過ごしやすい家の特徴としてまず挙げられるのが、生活動線です。
生活動線の中にも、家事動線や来客動線など様々な種類があり、シーンごとに有効に機能するような動線を考えることが重要です。

特に家事に関しては、将来的に職業や家族構成に変化があった場合にも、家での活動として半永久的に続けることの1つです。
そのため、家事動線を優先的に考えていくことが、過ごしやすい家を実現する第一歩ともいえるでしょう。

*間取り

将来を見据えて過ごしやすい家を実現するためには、間取りを考えつつ将来の家族構成についても考えてみると良いでしょう。
これからの家族の形について、ご家族の皆さんとよく話し合ってみることをおすすめします。
例えば、同じ大きさ土地でも、3人家族向けの間取りと5人家族向けの間取りでは、全く異なる間取りになることが想像できるでしょう。
そのため、これから建てる家には何人で住むのか、何台の車を駐車するのか、自転車やバイクが必要であるかなど、これからの家族のあり方を考えることから始めると、長期間にわたって過ごしやすい家を実現できるでしょう。

*断熱性能

断熱性能は、過ごしやすい家づくりにおいてとても重要なポイントです。
その理由は、家で過ごす際に感じる寒さや暑さは、家の快適度に直結する問題だからです。
断熱性能の高い家に住むと、冷暖房の効率もアップするので、夏は涼しく冬は暖かい家を実現できます。
また、冷暖房の効率が良いことは、エアコンや扇風機などを使用する電気代を抑えることにもつながります。

□過ごしやすい家を建てるポイントについて

過ごしやすい家の特徴を把握していたとしても、実際にご自身の家づくりに活かせなければ無意味になってしまいます。
特徴を把握して良い家づくりをするためにも、ここでは過ごすやすい家を建てる3つのポイントについて解説します。

1つ目は、実際の生活をイメージすることです。
家のプランがある程度決まった場合は、平面図を見ながら実際の生活をイメージしてみると良いです。
過ごしやすい家の特徴として挙げた「生活動線」や「間取り」の良し悪しは、ご家族のライフスタイルによっても異なります。
また、単純に理想を反映させた家では、実際に生活を始めると過ごしにくいと感じる可能性が高いです。

そのため、より細かく生活をイメージをし、改善点をご家族で見つけてみると良いです。
改善する点を見つけるほど、より過ごすやしい家に近づけるでしょう。

2つ目は、時間に余裕を持たせることです。
焦って家づくりをしてしまうと、妥協する点が多くなり、ご家族のライフスタイルとはかけ離れたものになってしまう恐れがあります。
時間をかければ良い家が建てられるわけではないですが、時間には余裕をもって納得できる家づくりをしましょう。
妥協せずに理想の家を追求することで、将来的に良かったと感じることがあるはずです。

3つ目は、現状の不満を書き出すことです。
せっかく新しい家で生活するのであれば、今住んでいる家の不満をリストアップしてみましょう。
今住んでいる家、あるいは昔住んでいた家の不満点を書き出し、それらを解決することで過ごしやすい家に近づけられるでしょう。
小さな不満であっても、メモを取っておいて見返してみることをおすすめします。

□過ごしやすい部屋づくりのポイントについて

それぞれの部屋によっても、過ごしやすいと感じるポイントは大きく違ってきます。
ここでは、重要な間取りである「寝室」と「リビング」づくりのポイントについて解説していきます。

まず「寝室」では、ライトをたくさん使うことがおすすめです。
全体的に明るくするシーリングライトではなく、間接照明や電球などをたくさん飾ることで、明るくなりすぎずおしゃれな寝室づくりができます。

明るすぎる寝室は、イメージ通り心地良い寝室とは言えません。
ライトをたくさん使いつつも、明るさを抑えた寝室づくりは、優しい光に包まれた自分の時間を楽しめる空間にできるでしょう。

次に「リビング」では、自由な空間をつくることがおすすめです。
のんびりとリラックスできるスペースを確保することで、おしゃれで居心地の良い空間がつくれます。
大きめのラグを敷き、フリースペースをつくると良いでしょう。

また、ソファは落ち着いた色味を選び、おしゃれなブランケットをかけると雰囲気が出ます。
サイドテーブルは比較的小さめのものを選び、ゆったりとした空間づくりをしましょう。

□まとめ

今回は、過ごしやすい家の特徴をご紹介しました。
これからご家族と快適に過ごしていくためにも、過ごすやすい家づくりを心がけましょう。
当社では、お客様の暮らしの満足を第一に考え、過ごしやすい家をご提案いたします。
一関市、陸前高田市、気仙沼市、奥州市周辺で家づくりを始める方は、ぜひご相談ください。

上に戻る