佐藤工夢店

TEL.0191-75-4414

ブログ

古民家のリノベーションをお考えの方へ!耐震について解説します!

2021年3月30日

一関市で古民家のリノベーションをお考えの方はいらっしゃいませんか。
古民家のリノベーションで多くの方が心配されるのが、耐震についてではないでしょうか
そこで今回は、耐震について紹介していきます。
古民家のリノベーションをお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

□古民家の耐久性について知っておこう!

最近では古民家のリノベーションに注目が集まり、古民家カフェやゲストハウスとして活用されています。
なんといっても古民家は日本らしく、開放的な内装ですてきな空間ですよね。
しかし、耐震面ではどうでしょうか。
ここからは、古民家の耐震性について紹介していきます。

新築で建てられている家は、新耐震基準や耐震等級という規定があります。
しかし、新耐震基準が制定される前に建てられた古民家も少なくないでしょう。

古民家は免震構造をしており、地震の揺れを受け流すつくりをしています。
現存している古民家があるということは、今までに地震に耐えうる構造をしていたということです。

しかし、現在の建築基準から考えると、耐震工事をしていない古民家は耐震性が低くなります。
古いからといって地震に弱いとは限りませんが、必要な耐震工事は積極的に行いましょう。

□耐震補強工事とは?

ここまでは、古民家の耐震性について紹介してきました。
古民家は現在の観点から考えると、耐震性が低いことが分かりましたね。
ここからは、耐震補強工事について紹介していきます。

*基礎の耐震補強工事

基礎がないことが多い古民家は、曳家・ジャッキアップという方法で家の基礎を作ります。
この基礎を作った後は、引き抜きに対しての耐震強度を補強します。

*耐力壁の設置

古民家は耐力壁が少ないため、柱と梁の間に地震に耐える耐力壁を設置します。
そうすることで、古民家の耐震性を高める効果があります。

*古民家の屋根を軽くする

古民家で多く使われている屋根は瓦屋根です。
瓦は重く、建物に影響が生じてしまうだけでなく、地震で倒壊しやすいと言われています。
鉄板などの軽い素材に変えたり、瓦などの重い屋根に見合う耐力壁を設けたりすることで地震に耐える古民家になります。

このように、古民家の耐震補強工事にはさまざまな方法があります。
ただし、古民家の耐震補強工事は費用が高いので、慎重に判断を行いましょう。

□まとめ

今回は耐震について紹介しました。
古民家の耐久性や、耐震に関する工事についてお分かりいただけたと思います。
耐震についてしっかりと考え、より良い古民家のリノベーションをしましょう。
また、ご不明点がある方はお気軽に当社までお問い合わせください。

注文住宅をお考えの方必見!おすすめの断熱材の選び方について紹介します!

2021年3月26日

一関市で注文住宅を検討中の方はいらっしゃいませんか。
近年、断熱材が注文住宅で注目を集めていることはご存じでしょうか。
今回はおすすめの断熱材の選び方について紹介していきます。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

□断熱材の大切な役割について知っておこう!

「断熱材にはどんな役割があるのか」とお悩みの方は多いのではないでしょうか。
ここでは、断熱材の役割について紹介します。

1つ目は、保温効果の役割についてです。
断熱材は、家の保温効果を高めるために外気を遮断します。
また、家をあたたかくするだけではなく、冷暖房の熱を逃がさずに家にとどめてくれます。
家の中が適温に保たれることによって、光熱費も抑えられます。

2つ目は、家の隙間をふさぐ役割についてです。
断熱工事と同時に気密工事も行っていきます。
気密性が上がると、隙間などが無くなり結露リスクを減らすので家の寿命が延びます。

もしも、住宅に隙間が生まれると暖かい空気と冷たい空気がぶつかる事で結露が起きてしまいます。
結露が起こると水滴やカビによって家が弱ってしまうでしょう。
気密工事をすれば、家の劣化を防ぐことで、寿命を延ばせます。

□断熱材選びでチェックすべきポイントとは?

ここまでは断熱材の役割について紹介してきました。
家の快適さや寿命にとって、重要な役割を果たしていることはお分かりいただけたと思います。
ここからは、断熱材選びでチェックすべきポイントについて紹介します。

*性能劣化の起こりにくい素材選び

湿度の高い時期や使う場所によって水分量の多いところには適さないものがあります。
また、水分を含むと断熱性を担保できないものや、長期的に発泡ガスが抜ける事で性能が低下していくものもあります。
基礎に使用する断熱材は防蟻のものを使用する必要があります。
断熱材は場所によって適するものと適さないものがありますので、不安があればプロに委ねる事も大事です。

*断熱気密のコストパフォーマンス

断熱材は性能当たりのコストももちろん重視する必要があります。
付加断熱などでボード系の外張り断熱材を使用する場合は、熱橋が少ない代わりに厚さに制限があります。
壁などで充填に適する素材は柱などの木が1ミリメートル痩せたり動いたりするのを追従する機能が必要になります。
これらの断熱材は種類によってコストが変わり、求めるレベルに応じて有効に使えば住まいをとても快適にしてくれます。

冷え性を改善したり、快適な暮らしを送れるようなイメージをプロに伝えて実現してもらいましょう。

□まとめ

今回はおすすめの断熱材の選び方について紹介しました。
家を建てるうえで、断熱材が非常に重要な存在であることはお分かりいただけたと思います。
すてきなマイホームを建てるためにも、断熱材を採用してみてはいかがでしょうか。
また、注文住宅でのご不明点がある方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

注文住宅で失敗しないためには?徹底解説します!

2021年3月22日

気仙沼市で注文住宅の購入をお考えの方はいらっしゃいませんか。
マイホームは一生のうちでも大きな買い物であるため、絶対に後悔したくないですよね。
そこで今回は、注文住宅で失敗しないために押さえておくべきポイントについて紹介していきます。
ぜひ参考にしてみてください。

□注文住宅の種類について知っておこう!

注文住宅には種類があることはご存じでしょうか。
ここでは、簡単に注文住宅の種類について紹介します。

*フルオーダーの注文住宅

フルオーダーは自由に内装、外装、素材までもが選択できる注文住宅のことです。
自由に決められるからこそ、多くの手間と時間をかける必要があるでしょう。
「家をとことんこだわって作りたい」とお考えの方には魅力的な選択肢ですよね。

*セミオーダーの注文住宅

セミオーダーは間取りが自由に決められる一方で、ある程度の仕様が決められている住宅のことです。
フルオーダーに比べて費用が抑えられ、家を建てるハードルは低いです。
家に強いこだわりはないが、ご自身の好みを少し反映させたいと考えている方に最適です。

*規格型住宅

規格型住宅は、カタログなどで家を選んでから建てる住宅のことです。
間取りや設備の変更はできませんが、内装は決められた内容から選べます。

□注文住宅で失敗しないためのポイントとは?

ここまでは注文住宅の種類について紹介しました。
それぞれの特徴について理解は深まったと思います。
魅力が多い注文住宅をさらに良くするためにも、失敗しないためのポイントを押さえておきましょう。

1つ目は、収納についてです。
収納は広さがあれば良いわけではありません。
使用する用途に合わせることで、より強力な効果を発揮します。
広さも大切ですが、家族一人ひとりの生活動線を考えて収納スペースを確保しましょう。

2つ目は、部屋の明るさです。
季節によって光による部屋の明るさは変化しますので、いろいろなシーン必要に応じてライティングの計画が必要になってきます。
まずは、設計を担当してくれている方に確認してみてください。
また、照明の色をタスクに合わせて変えてしまうのも一つの手です。

□まとめ

注文住宅で失敗しないために押さえておくべきポイントについて紹介しました。
注文住宅は自由度が高く、多くの魅力がある一方で自由であるがために失敗することも多くあります。
そのため、あらかじめ失敗を防ぐポイントを理解しておくことが大切です。
注文住宅をお考えの方は、お気軽に当社までお問い合わせください。

上に戻る